野球肘

野球肘
野球肘


先週は小学生の野球肘の選手が二人来院しました



少年野球の地区予選が行われているようです



週末の大会になんとか間に合わせたいようです



両選手ともに骨折は認められません



肘関節内果炎です



大会前ということで、間に合わせで痛みは軽減することはできました



他の医療機関ではこれでよいのですが、これでは治ったとは言えません



痛みは内側肘に負担がかかって炎症を起こした痛みです



ここからがスポーツ障害を專門に診る治療が始まります



運動を行う上で大切な運動連鎖があります


オープン・キネティック・チェーン(OKC)とクローズド・キネティック・チェーン(CKC)です



簡単に言うと地面に足をついて行うスポーツかバレーボールのスパイクや水泳のように水中や空中に浮いて行うかの違いです



野球はOKCです



下半身のバネ力を利用して手先のパフォーマンスを高めます



そこで重要なの役割が股関節です



足関節→膝関節→股関節→腰部→肩甲部→肘関節→手首→指の順番で力が増幅して行きます



股関節の動きが制限されると順次上半身の動きに影響します



治療のポイントはここです



痛みの部位だけを診る治療は再発の可能性が高いです



練習を休んでいると良くなる



練習を再開すると痛くなる



これの繰り返しです


投球2


ピッチングフォームをみると右投手の場合は左股関節の可動域が重要なポイントです



股関節の可動域が減少すると膝が開いて肘に負担がかかります



可動域の減少は筋肉が正常に働いていません



身体構造的にみると股関節が原因ですが、さらに神経系の働きが悪くなっていることが影響しています



その神経系の働きを良くする治療がアクティベータ・メソッドです


AM矯正1


この患者さんの全身の神経系の働きが悪くなっているところをAMで調整しました



調整後は股関節の可動域や腰の回旋運動ができるようになり肘の負担がなくなります



なんとか試合は出場できました



終わったとに少し張り感が残っているということで、これから本格的なスポーツ障害の治療を行っていきます



野球肘、内果炎、外果炎、野球肩、野球イップス、など原因不明の症状、現代医学で改善されない方はご相談ください




予約は簡単です。

電話をしてください1分で予約できます。




予約電話番号はこちらです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

電話はこちらへ

★ 参考になった方は右下の「いいね」をポチッと押してください。ありがとうございます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

Follow me!