バネ指の経絡治療

バネ指
バネ指

 6月も最後の月曜日ですね。明日から今年の後半ですね。前半を振り返ると年頭に目標を建てたことが殆ど行動してないことに気付きました。

まだ半分あります。その内のひとつくらいは行動してみます。(-_-;)

今日の症例は「バネ指」です。

バネ指って知っていますか?

指を曲げ伸ばしをするときに、引っかかって曲げられなくなったり、伸ばせなくなったりする症状です。

曲げ伸ばしをするときに引っかかってパチンと音がしたり、痛みが出たりします。

バネ指1
出典:日本整形外科学会


指を使い過ぎたりするのが原因らしいです。

趣味の編み物、キーボード、マウスの使い過ぎ・・・などが多いようです。

なぜか中年の女性に多いのも特徴です。

ここで面白いのは指の使い過ぎも原因の一つでうが中年女性に多いということです。

これはどうしてでしょうか????バネ指2

出典:日本整形外科学会


単なる使い過ぎというよりホルモンの影響も大きいのではないかと考えます。

治療法は保存的と観血的な方法があります。

保存的には固定、物理療法、投薬、ステロイド注射などが一般的です。


バネ指3

出典:日本整形外科学会


安静を目的に指を固定して経過観察をするのは問題解決といかないことがあり、症状が消えるまで長期的な固定が必要になります。

注射はステロイドを肥厚した腱鞘に注入します。

手術は肥厚した腱鞘を切開して肥厚した部分を削るような事をします。

いずれも問題に対する対処療法的な治療ですので再発する可能性もあります。

保存的な治療の中にCCRKで行っている施術は神経機能の改善と経絡と内分泌系の機能向上をさせる施術です。

動画の患者さんは第3指と第4指のバネ指で経絡と内分泌系の関係性を改善しあmした。

初回の施術後には第3指は引っ掛かりが少なくなりました。

第4指は引っかかりは残るも動きが楽なになり痛みも現象しました。

治療方法もいろいろいろありますが本質的な原因をみつけて治療を行うと再発も少ないと思います。

固定や注射で改善せず手術を勧められて迷っている方はご相談ください。



初回施術前


初回施術後


原因の分からない症状やお医者さんでも改善しない症状がある方はこちらを御覧ください。
貴方の症状と同じような症例があると思います。
心と体の関係=PCRT

CCRKは心と身体の関係性に目を向けて、病気や痛みを診るのではなく、「人」をみます。
ストレスなどでお困りの方はご相談ください。

予約電話

Follow me!