ストレスと頭痛

頭痛1
原因不明の頭痛

小学2年生のA君です




9月から原因不明の頭痛が発症しました




いくつかの専門医を受診しましたが原因が見つからず、薬も効果がありません




Aくんは、優しい子で誰にでも親切にして人を思いやる気持ちがあるこです




クラスではグループのリーダーをしていて気遣いをしています




PRT(生体反応検査)では、優しい気遣いが緊張パターンを作って脳の誤作動記憶になっていました




頭痛マインドマップ




ストレスと頭痛
急性頭痛と慢性頭痛

頭痛は、だれでもよく経験する身体的愁訴の一つです。困難な問題に直面すると「頭の痛い話だなー」というようにストレスと頭痛は密接な関連があります。頭痛には、大きく分けて急性頭痛と何回も繰り返しおこる慢性頭痛があります。急性頭痛とは、急激におこる頭痛で発熱や炎症による一時的なものと脳内血管障害や脳腫瘍などの器質的障害によるものがあります。この場合は、きちんと病院に行って検査・治療を受ける必要があります。慢性頭痛の大半は機能性の頭痛で、緊張型頭痛、片頭痛と両者の混合性頭痛です。その中には体質的素因(いわゆる頭痛もち)に加えて心理社会的要因(ストレス)が強く影響しているものがあります。患者さんは、「とにかく頭痛を止めてほしい」という願望と同時に脳出血や脳腫瘍などの重篤な疾患ではないかという不安をあわせもつものです。したがって、頭痛の診療においては、器質的疾患によるものか機能性頭痛なのかを鑑別し、その結果をきちんと説明することに加えて、心身両面からのアプローチが重要な意味を持ちます。ここでは、慢性頭痛の特徴と治療法について述べます。
早稲田大学人間科学部教授 野村 忍

頭痛




「道徳心」「優しさ」といったポジティブな感情も緊張を引き起こすストレスになります




Aくんは道徳な気持ちと優しい気持ちが脳の緊張を作っていたようです




その緊張から開放したらすぐに良くなりました




Aくんがつけていた頭痛記録です




頭痛




28日、30日、5日、7日の治療でほとんど良くなりました




チェックしているところが頭痛が起きた時間帯です




頭痛の発症時間が学校の授業中という特徴があります




このような頭痛日記をつけてもらうことで解決の糸口がみえます




Aくんも頭痛治療に参加して協力して改善しました





予約は簡単です。

電話をしてください1分で予約できます。




予約電話番号はこちらです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

★ 参考になった方は右下の「いいね」をポチッと押してください。ありがとうございます。


↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

Follow me!