鼠径部の痛み

臼蓋形成不全
変形性股関節症(患者さんとは関係ありません)


70歳代後半のAさんです


数年前より左股関節から鼠径部(恥骨付近)にかけて歩行痛がありました


腰痛もあり、腰痛と鼠径部の痛みが出たり、出なかったりしていました


最近は寝返りもできず、歩行も壁に伝わらないとできない状態でした


以前は整体で骨盤調整していましたが根本的な解決にはならなかったようです


整形外科、整体、整骨院、マッサージと治療を変えて受けていました


過去の治療歴で共通するのは「変形」という構造問題で治療を受けていました


骨の変形や軟骨がすり減ったことと痛みとの関係ははっきりとわかっていません


このことはこちらを参考にしてください:加茂整形外科


膝の変形関節症のことを言っていますが股関節も同じです


CCRKの施術は構造的な変形に目を向けず股関節周囲の筋肉のバランスを整えます


筋肉は神経の働きで力が入ったり、ゆるめたりします


その神経の働きが悪くなると過剰に筋肉が緊張して血流不足で痛みが出ます


痛みでお風呂に入ると楽なるケースはほとんどが血流不足です


血流不足は自律神経の影響も受けます


ストレスで交感神経が緊張してリラックスができないと血流不足で疲労感や肩こり、腰痛など筋骨格系の症状が出ます


Aさんは寝返りもできず、壁に伝わり歩きをしていましたが2回のほどで通常の歩行ができるようになりました


変形は治りませんが、痛みと変形は必ずしも一致しません


構造だけ診るのではなく神経の働きを診ることで良い結果が出ます




慢性的な痛みは現代医学でも改善できないことが有ります。


現代医学とは違った検査と治療をすることで改善する可能性が高いです



変形性関節症、腰痛、椎間板ヘルニア、慢性腰痛、原因不明の症状、現代医学で改善されない方はご相談ください




予約は簡単です。

電話をしてください1分で予約できます。




予約電話番号はこちらです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

電話はこちらへ

CCRKメルマガ「健康かわら版」無料 登録フォーム

★ メルマガ会員に登録すると無料で健康情報をお届け致します。登録すると無料で健康になります(^o^)

お名前(姓) *
メールアドレス *

*は必須入力です

★ 参考になった方は右下の「いいね」をポチッと押してください。ありがとうございます。


↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

Follow me!