再発する脊柱管狭窄症

前回紹介した脊柱管狭窄症のPさんが来院して言ったことは

「先生、治療をしてもらうと3.4日は楽でいいんですが仕事に行くとまた痛くなるんです」

Pさんの治療はまだ3回ですが、治療後の変化は感じていただけました

また、痛みの原因が構造でないことも理解できています

しかし、仕事に行くと再発する・・・ここが厄介なところです

初回の問診の時に腰痛、膝痛の原因は構造でないことは説明し認知して頂きました

原因は一つだけでなく複数の要因が「関係性」で関わって脳が誤作動を起こしています

  • 化学的要因
  • 物理的要因
  • 心理的要因

複数の要因の関係性がある条件で痛みのスイッチ(脳の誤作動)が入って発症します

Pさんは、痛みのメカニズムを理解しても、スイッチの引き金になっているものが何か気づき認知すること大切です

その引き金になっているものは「仕事に行くとまた痛くなる」このあたりがヒントです

Pさんは仕事上の人間関係でスイッチが入りました

筋骨格系の慢性的な痛みは単純に構造では解決できません

痛みの原因にはかなず患者さんのストーリーがあります

さらにストーリーの背景を見ていく事が解決の早道です

簡単予約電話はこちらへ

Follow me!