ムチ打症は治り難い

交通事故で頸部、左肩、左腰部を痛めた患者さん

事故直後は痛みが無かったが整形外科でレントゲン検査をして骨には異常なしです

2、3日してから頸部や肩、腰部に痛みが出てきました

受傷直後ではなく2.3日遅れて出てくる痛みです

遅発性の痛みです

よくあるケースです

現在の保険制度では骨折などの構造異常が最優先された診断と治療(処置)がされます

画像で骨折や脱臼などの構造異常がない場合は挫傷や捻挫で1,2週間の加療と安静で済まされます

処置もシップ、痛み止めの飲み薬でしばらく様子を診ましょう

患者は痛みに目を向けてくれない医療に不満を感じます・・・(医療不信)

当院に来院する交通事故の患者の多くはこのように言います

「あそこに行ったら、何もせずにシップだけ出して終わり」

骨折もなし、脱臼もなし、打撲もなし・・どうして痛いのか患者は知りたいのに画像で診断されて「異常なし」では納得がいかないのは当然です

そこで患者は不満が募り保険屋さんに相談してあちらの整骨院、こちらの整形外科・・・転医を繰り返します

社会心理的な影響が慢性痛を引き起こす要因になります

Follow me!