オスグッド症

オスグッド症

中学野球部選手A君 中学1年生 ポジション野手

野球の練習と陸上の練習が重なって、半年前より右膝が痛み、骨が軽度出っ張りだして膝の屈伸時、階段昇降、歩行時に痛みがありました

整形外科を受診してレントゲン検査で「オスグッド・シュラッター」と診断されました

オスグッド・シュラッターは小学、中学生くらいまでのスポーツを活発に行う選手に多いです

中には高校生くらいまで痛みがる選手もいます

痛みを我慢してスポーツを継続すると写真のように骨端核が軟骨から引き剥がされて盛り上り正座などする際にあたり痛みが増発します

Osgood.jpgオスグッド病の病態

画像引用: ウキペディア 日本整形外科学会

整形外科での治療はシップと安静(運動を行わない)を始動されて様子を見ると言う事でした

しばらく安静にしていると痛みがなくなり、運動(野球)を再開するとまた痛みなります

安静⇒痛みが消える⇒運動する⇒痛くなる⇒安静・・・・・

この繰り返しで半年間は満足な練習もできず困っていました

どうしてこのように繰り返すのでしょうか???

オスグッド症は構造的な病変に移行する前の機能的異常の問題で、機能的な問題を診ないと解決しません

一般医療は痛みの部位にどんな病理的な事が起きているかを診る専門家で、機能的な問題を診る専門家ではありません

CCRKは病理を診る専門家ではなく、機能的な問題を診る専門家です

3回の施術で運動を再開して、今は全力でプレーが出来るようにあんりました

お母さんからのコメントです

長距離やハードルの練習と成長期が重なり膝に痛みを子供が訴えるようになり、病院に行っても安静とスポーツ禁止と言われてしまいどうにかならないかとカイロプラクテックにお世話になりました。
何度か丁寧な施術を受けると痛みも楽になったのか無意識に足を引きずっていたのも治りました。
本人も凄く体が軽くなると喜んでいました。

引用:エキテン口コミ

Follow me!