骨盤の歪み

骨盤歪みgif
骨盤の歪み


骨盤の歪みを気にされている方が多いです


どうして気にしているか??


情報過多の時代で、テレビ、マスコミや雑誌やSNAなどの情報で受ける方は情報の整理ができないようです


特に最近は健康番組が流行っています


流行るっていると言う事は視聴率が高く見ている方が多いと言う事です


それだけ健康に関心があるようです


昨日来院されたR子さんは


「先生、骨盤が歪んでいるようです。右の股関節が動きが悪く、歩くとギコギコするんです。骨盤の矯正をしてください」


R子さんは初めてではありません


定期的にメンテナンスで来院されている患者さんです


R子さんはどこかで骨盤の歪みの情報をインプットしたようです


歪みは良くない→左右全く同じでなければダメだ→歪みは不健康になる=思い込み


この思い込みは脳の誤作動を自ら作ることになります

研究1.骨盤の歪みと腰痛は無関係

対象と方法
発症後1年以内の腰痛患者144名と健常者138名を対
象に、骨盤の歪み(立位と座位での両PSISの傾き、立位
での両ASISの傾き、ASISからPSISまでの距離、下肢長
差)を厳密に測定して腰痛との関連を調査。

結 果
骨盤の非対称性と腰痛とは、どのような臨床的意義にお
いても関連がない。
Levangie PK : Spine,1999



研究2.腰の前彎と腰痛との関係は?
対象と方法
20~63歳までの健常者200名、急性腰痛患者200名、
慢性腰痛患者200名を対象に、エックス線撮影で3群の
ファーガソン・アングル(仙骨上端面と水平線との角度)を
比較。

結 果
3群間で統計学的な差は認められず、腰部前彎の強弱と
腰痛とは無関係なので、医師は腰部前彎に関するコメント
を控えるべき。
Hansson T.et al : Spine,1985

出典:TMSジャパン・メソッド



骨盤や背骨の歪みの原因は骨盤や背骨を支える左右、前後の筋肉の働き(機能)によるものです


骨盤歪み


上の図は脊椎を支えている筋肉の左右の機能的バランスの関係で片方が機能低下(働きが悪い)すると、左右の筋肉の強弱の変化が出てテントの張り綱と同じで脊椎のずれが生じます


それに伴って骨盤が歪みます


筋肉の働きは神経の働きです


神経の働きが機能しなくなると筋肉まで影響を及ぼし、脊椎のずれや骨盤の歪みが起こります


骨盤の歪みは結果であり、原因ではありません


骨盤矯正は骨盤の構造を外力で矯正しても直ぐに戻ります


神経機能を正常にすることが骨盤の歪みを矯正することになります


CCRKで行っているアクティベータ・メソッドは神経機能を正常にすることで、結果として骨盤の歪みは矯正されます


ここを施術します

AM流れ2

アクティベータ・メソッドで神経の乱れを改善すると


骨盤の歪み
写真は今回の患者さんとは関係ありません。違う骨盤の歪みの症例です

骨盤の歪みは改善します

CCRKでは骨盤の矯正も通常の施術の中で行われています


股関節痛、骨盤の歪み、腰痛、ストレスでお困りの方や現在の治療で改善されない方はご相談ください






予約は簡単です。

電話をしてください1分で予約できます。




予約電話番号はこちらです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

電話はこちらへ

Tag: 骨盤 歪み 股関節痛 腰痛 治療法がない 脳の誤作動 AM

CCRKメルマガ「健康かわら版」無料 登録フォーム

★ メルマガ会員に登録すると無料で健康情報をお届け致します。登録すると無料で健康になります(^o^)

お名前(姓) *
メールアドレス *

*は必須入力です

★ 参考になった方は右下の「いいね」をポチッと押してください。ありがとうございます。


↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする