陸に上がった河童 オスグッド症

osuguddo

最近、小学生は冬の体力強化シーズン?で、マラソン、縄跳びをする学校が多くなりました。なぜ冬に・・・たぶん、風邪に負けない元気な子・・・それで体力強化なんでしょうね。

それにともなって膝が痛くなる子が多くなります。普段やらないことを集中的(強化シーズン)にやるとしわ寄せがきます。そんな症例です。

小学5年生の可愛い女の子です。

学校以外で水泳スクールに通っています。

水泳の大会で次々と自己ベストを更新しています。

泳ぐのが楽しくてやめられません。

平泳ぎで膝が痛くなり来院しました。

お母さんも本人も水泳(平泳ぎ)が原因と思っています。

大会前に来院して治療後は楽になり試合に出ても大丈夫になりました。

試合結果は背泳ぎと平泳ぎで自己ベストを更新しました。

他医院はこれで良しとするところですが、スポーツ傷害は再発の可能性が高いです。

どうしてでしょうか?

それは原因をしっかり治療しないからです。

さて、この子の膝の痛みはオスグッド症です。

膝の軟骨が盛り上がって変形を伴ってきます。

原因は水泳ではなく、学校で行っていた縄跳びでした。

縄跳びは嫌いではなくて跳んだ回数を記録するために一生懸命なりすぎたようです。

陸に上がった河童のようです(^_^;)

チームで行う連続飛びで記録を争うそうです。

負けると悔しい・・・そんな気持ちが膝の痛みを増強していました。

頑張り屋さんに多い気持ちですね。

スポーツ障害とメンタルの関係はこちらを参照してください
心と体の関係=PCRT

CCRKは心と身体の関係性に目を向けて、病気や痛みを診るのではなく、「人」をみます。
ストレスなどでお困りの方はご相談ください。

予約電話

簡単予約電話はこちらへ

Follow me!