薬をやめたいがやめられない

過換気症候群で来院しているAさん

すでに症状は改善し、今は定期的に健康管理で来院しています

過換気症候群以外に血圧が少し高いので薬を飲んでいます

薬は飲まなくても良いくらいなのですが飲み続けています

当院で行っているPCRTでは潜在的な問いかけで患者さんの潜在意識と会話します

潜在意識との会話で症状を引き起こすスイッチ、すなわち脳の誤作動を見つけます

脳の誤作動を引き起こす分野は脳幹部、大脳辺縁系、大脳皮質系と大きく分けて三つあります

Aさんの薬を飲み続けるのには理由があります

もちろん、血圧を安定させるために飲み続けるのですが、Aさんはさらに深い理由がありました

その深い理由とは・・・・

大脳皮質系の誤作動がありました

大脳皮質系の意味記憶で何かを意味付けして理由にしていました

症状が改善され健康になった場合に、健康を手に入れる代償として何かを手放さなければならないものが出てきます

Aさんは過換気症候群で治療中に退職されました

現在は過換気症候群は改善したので、パートで週に2日くらい仕事をして充実した日々を過ごしています

Q 症状が改善し健康になったら失うもの、手放すものはなんですか?

A ううううう~ん!!!自由時間かな

現在の仕事が週2日で週末だけの出勤で結構自由時間が多くて仕事とプライベートのバランスがいいようです

仕事が忙しく、社長さんから出勤日数を増やしてもらえないか頼まれているそうですがいつも断っているそうです

その理由が

「まだ、薬を飲んで治療中だから現在の仕事量でいいです」

Aさん「なるほどね。薬は飲んでも飲まなくてもいいんだが・・・今の仕事量位がちょうどいいじゃないの」・・笑いながら治療を受けてます

簡単予約電話はこちらへ

Follow me!