顎関節症

顎関節症
右顎関節症


30才代 女性 Aさん


2週間前から右顎の痛みを感じました


特別硬い食べ物や顎に負担をかけるような食材は食べていません


以前から肩こりや側頭部の頭痛などの症状はあったようです


来院時の検査では

  • 開口検査=縦に2横指(正常は3横指)
  • 顎関節運動陽性=開口、前方、閉口、右側方
  • 筋肉圧痛陽性=右胸鎖乳突筋、右側頭筋、右外側咬筋、右肩甲挙筋、右小胸筋
  • 頸部可動域減少=右回旋、右側屈、後屈

特に右側の胸鎖乳突筋の圧痛が顕著にありました

胸鎖乳突筋TP


自覚症状

  • 最大開口不能、噛むときの痛み、開口時の痛み、頸部から顎にかけての

自発痛


目安検査

  • 部位の関節、筋肉自動検査陽性
  • 部位接触陽性
  • 症状イメージ陽性


治療

  • ハード面=アクティベータ・メソッド(ベイシック、TMJアドバンス)、PCRT蝶形後頭底結合調整法


1回目の治療後の目安検査陰性を確認して終了です


症状もほぼ改善し痛みの軽減と開口(3横指)で楽になる


3日後、2回目の来院の状態は

患者さんの言葉
「日常の痛みはなくなりましたが、朝の起床時の痛みがあります。時間が立つに連れて楽になります。食事も問題ありません」


目安検査を再度行う

  • 症状イメージ陽性

寝ているときの脳が無意識で緊張し歯ぎしりをしているようです


歯ぎしりはしますか?


「ハイ、しているようです」


歯ぎしりは脳の緊張を寝ている間に開放する無意識の行為です

*詳しい歯ぎしりを知りたい方はこちらを御覧ください
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
歯ぎしりを知りたい方


ストレスで疲れている脳が寝ているときに無意識誤作動のスイッチが入って脳を緊張させて全身の筋肉が緊張します


特に頭部から頸部、さらに顎関節周りの筋肉を緊張させます


朝の起床時に身体の痛みは脳の緊張が原因です


ソフト面では大脳辺縁系陽性でした


  • 感情→優越感→仕事→同僚
  • 信念→利己心→仕事:犠牲心→同僚


Aさんは仕事の人間関係や頑張りが誤作動のスイッチが無意識で寝ている間に入って緊張していたようです


顎関節症を歯の噛合せが合わないので歯を削り矯正したり、マウスピースを装着するなどの対処療法で治療をしますが、それ自体患者さんは苦痛になります


朝の起床時の筋骨格系の痛みや強張りは脳の緊張を開放することで改善されることが多いです


顎関節症、TMJ、歯ぎしり,ストレスでお困りの方や現在の治療で改善されない方はご相談ください






予約は簡単です。

電話をしてください1分で予約できます。




予約電話番号はこちらです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

電話はこちらへ

Tag: 顎関節症 TMJ 歯ぎしり 朝の痛み AM アクティベータ・メソッド ストレス 脳の誤作動 心身条件反射療法 PCRT

CCRKメルマガ「健康かわら版」無料 登録フォーム

★ メルマガ会員に登録すると無料で健康情報をお届け致します。登録すると無料で健康になります(^o^)

お名前(姓) *
メールアドレス *

*は必須入力です

★ 参考になった方は右下の「いいね」をポチッと押してください。ありがとうございます。


↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

Follow me!