千葉・木更津市・袖ヶ浦市・君津市・富津市・市原市で腰痛・肩こり・椎間板ヘルニア・坐骨神経痛・脊柱管狭窄症・脊椎すべり症・変形膝・スポーツ傷害・ストレスの治療でカイロ・整体をお探しの方は口コミ一番CCRKへ

原因不明の右手のシビレ

原因不明の右手のシビレ

手のしびれ
右手のシビレ


40歳代の男性 Yさん



原因不明の右肩から右肘、右手指にかけてのシビレを訴え来院しました



整形外科ではレントゲンを撮り「頸椎ヘルニア」の診断を受けて、飲み薬、頚椎牽引の治療をしていました



一向に改善する気配がなくHPをみてCCRKに来院されました



原因は?



特に外傷や思い当たるようなことはありません



いつの間にか自然に発症したようです


自律神経失調症・うつの具体的な症状と対策


手足や全体のしびれ
しびれも自律神経失調症の症状で起こる場合があります。
このシビレは運動器(関節や筋肉)的な障害ではなく、血液の流れが悪くなり神経が酸欠になっているために起こる症状です。
神経は酸欠を起すとシビレを感じるのです。


手足や全体のしびれの対策
血流が悪く酸素不足になっている原因は、自律神経の働きが乱れていることで起きます。自律神経が乱れて交感神経が過剰に働くことで血管が収縮してしまうので血液の流れが悪くなります。
血流が悪く酸素不足になっている原因は、自律神経の働きが乱れていることで起きます。自律神経が乱れて交感神経が過剰に働くことで血管が収縮してしまうので血液の流れが悪くなります。
そのため、交感神経の働きを鎮めることが重要となります。


まずは体全体をを温めてください。
血流がよくなることにプラスして手足やお腹や首の後ろを温めると、交感神経の働きが静まり血流を良くするための副交感神経がよく働くようになります。
しびれるところに直接シャワーを当てたり、温かいものを当てたりするのもいいでしょう。
そしてストレスから遠ざかることが根本になりますので、その工夫をされてみて下さい。

出典:自律神経失調症うつ病ナビ




ヘルニアや骨の変形で神経圧迫ではシビレは出ません



神経圧迫で出る症状は「マヒ」です



「マヒ」とは、熱いも冷たいも何も感じなくなり、手足を動かせなくなります



痛みを感じたりするのは神経は正常なのです





Yさんはストレスにより交感神経が興奮して右肩から右手の血流障害を起こしてシビレを感じていました



PCRT(心身条件反射療法)で検査をすると大脳辺縁系で脳の誤作動を見つかりました


右手のシビレ


家族関係の責任感が潜在的に勘違いをおこして「脳の間違いの誤作動」を作ってしまいました



もちろん意識的ではないので本人は気づいていません



「脳の勘違いの誤作動」を修正調整して改善しました



原因のわからない症状は心と身体の関係を見ていくことでよくなります



Yさんの症状はよくなり、今後は心の疲れをとることに定期的に継続治療を行っていきます




原因不明のシビレなどで長期的に加療されている方や現在の治療で改善されない方はご相談ください







予約は簡単です。

電話をしてください1分で予約できます。




予約電話番号はこちらです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓''

電話はこちらへ

Tag: 自律神経 原因不明のシビレ 耳鳴り アクティベータ 心身条件反射療法 PCRT


CCRKメルマガ「健康かわら版」無料 登録フォーム

★ メルマガ会員に登録すると無料で健康情報をお届け致します。登録すると無料で健康になります(^o^)

お名前(姓) *
メールアドレス *

*は必須入力です

★ 参考になった方は右下の「いいね」をポチッと押してください。ありがとうございます。


↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

 カイロプラクティック・コンディショニング・ルーム・K 関連キーワード:カイロプラクティック / 整体 / 接骨・整骨
byカイロプラクティック・コンディショニング・ルーム・K

コメント


認証コード6245

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional