野球肩 – ブログ健康かわら版 – 木更津市の整体/カイロ:肩こり・腰痛・椎間板ヘルニア・坐骨神経痛・脊柱管狭窄症・変形膝ヒザ痛・スポーツ障害・ストレス障害|カイロプラクティック・コンディショニング・ルーム・K 

http://kisarazu-chiro.com/swfu/d/s_toukyu.png

夏の甲子園が終わって間もないですが、もう秋の地区大会が始まっています。

秋季大会で関東大会ベスト4を狙って熱戦が行われます。ベスト4でほぼ来春の選抜大会の出場が決まります。

まずは県大会決勝まで勝ち進まないと関東大会の出場がありません。

新チームを立てなおして個々の技術、メンタル、チームプレー・・・指導者の腕の見せ所です。

夏の大会が終わって1ヶ月半位で新戦力を作るのでうから時間がありません。やはり、夏を経験した選手が多く入りチームは楽です。

この短い時間でオープン戦を戦って伸びていくのが狙いですが、身体的コンディションにチームとして、あるいは指導者がどれだけ目を向けるかが大切です。

夏のオープン戦、地区大会で選手も疲労が重なっています。疲れを残さにことも必要です。疲れて神経機能が低下してくると怪我が多くなります。

県大会まで約2週間です。肩が痛い。肘が痛い。腰が痛い。膝が痛い。増えています。

試合を勝つに秘訣は、持っている能力を最大に引き出すことです。能力の出し惜しみは損します。

勿論、出し惜しみしている選手はいません。

しかし、100%発揮している選手もいません。

100%発揮したい選手は心身ともにベストのコンディションに作ってください。

お手伝いします。

拳骨

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする