踵骨骨端炎 – ブログ健康かわら版 – 木更津市の整体/カイロ:肩こり・腰痛・椎間板ヘルニア・坐骨神経痛・脊柱管狭窄症・変形膝ヒザ痛・スポーツ障害・ストレス障害|カイロプラクティック・コンディショニング・ルーム・K 

http://kisarazu-chiro.com/swfu/d/auto-lsyxz7.png

小学生の水泳の女の子。

踵が痛くて来院しました。

普段は水泳しかやらないので特別気にならなかったが、体育でマラソンの練習をしたら痛くなりました。

専門医では「踵骨骨端炎」と診断されて運動は休むように指導されました。

丘に上がったカッパでした。(^_^;)

マラソンも水泳もしばらくやめていたので踵の痛みも消えました。

痛みが消えたと同時に水泳の練習を再開しました。

すると、また痛みが出ました。

専門医の先生は「おかしいな?マラソンが原因だと思うのだが?」と、頭を捻りました。

そうですね、ランニング障害の一つに「踵骨骨端炎」があります。

物理的ランニング時に踵がに衝撃が加わり子供の踵の骨は閉鎖されていないので炎症が起きて痛みが出ると言われています。

衝撃が加わらなくてもアキレス腱が過度に緊張すると付着部の踵の軟骨部分が引かれて炎症が起きます。

水泳のキックの時はアキレス腱を過剰に緊張させます。しかし、これも水泳のキックが原因かというとそうでもありません。

アキレス腱の緊張は結果であり、どうしてアキレス腱な片方だけ過剰に緊張するのか・・・そこが原因です。

治療後はその場で痛みが消えてジャンプしてもOKでした。

これで元気なカッパさんに戻れました。

拳骨

Tag: 木更津 カイロ アクティベータ スポーツ障害

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする