グロインペイン症候群 – ブログ健康かわら版 – 木更津市の整体/カイロ:肩こり・腰痛・椎間板ヘルニア・坐骨神経痛・脊柱管狭窄症・変形膝ヒザ痛・スポーツ障害・ストレス障害|カイロプラクティック・コンディショニング・ルーム・K 

http://kisarazu-chiro.com/swfu/d/sakkasyougai.png
サッカーで多い障害

サッカーで多い障害で「グロインペイン症候群」というのがあります。

ボールをける際に特定の筋肉を過剰に使用して図のような部位に痛みが生じます。

症候群ということで漠然とした傷病名なんですが、股関節周辺の痛みをいいます。

特にサッカーに多い障害ですのでサッカー特有の障害と思われがちですがうさぎ跳びなどジャンプ系のトレーニングで発生します。

サッカーではボールのけり方なども影響しているといわれます。

野球と同じでフォームも大切ですね。

症状的には腰骨(図A前上腸骨棘)あたりの痛みは剥離骨折もあります。

足の付け根(図B恥骨結合)当たりの痛みも剥離骨折があることもあります。

両方とも筋肉の付着部でボールを蹴る際に関係する筋肉が過剰にまたは、沢山使いすぎる過剰な運動で筋肉が収縮して付着部が引かれて炎症を起こします。

この時に低年齢(~15,16歳)の選手は骨が軟骨で腱の方が勝ので軟骨が引きはがされたようになります。

これが剥離骨折です。

いずれにしても難治性で長期化することもあります。

また、再発性の高い障害でもあります。

安静⇒痛みがなくなる⇒運動する⇒痛くなる・・繰り返します。

炎症ですので安静にしていればいつかは痛みがなくなります。

これで治った勘違いする親御さんや指導者がいます。

サッカー選手ですのでサッカーをやっても痛みがないことが治ったといえます。

サッカー障害だけでなくスポーツ障害は計画性を持って治療をすることが早期復帰になります。

CCRKの治療は筋肉の過剰な緊張を改善する治療で根本的な原因治療を行います

スポーツ障害にステップアップ治療が効果的です。

  1. 痛みをとる治療
  2. 動きを改善する治療&リハビリ
  3. メンタル強化

この3つのステップアップ治療は臨床30年の経験と数多くの国際大会で世界の選手を治療し改善した臨床的経験に基づいています。実績のある治療法です


予約電話

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする