病気になると得する1 – ブログ健康かわら版 – 木更津市の整体/カイロ:肩こり・腰痛・椎間板ヘルニア・坐骨神経痛・脊柱管狭窄症・変形膝ヒザ痛・スポーツ障害・ストレス障害|カイロプラクティック・コンディショニング・ルーム・K 

http://kisarazu-chiro.com/swfu/d/GUM06_CL10016.jpg
疾病利得

自分の健康に自身を持っていましたが急性外傷も不健康といえるでしょう。

多くの急性外傷は交通事故やスポーツによるケガが殆んどです。

自分自身の不注意によるもの、予期せぬ出来事や他人からの行為などで起きることが有ります。

今回の小生の場合は調子に乗りすぎて注意散漫になり、「こんなところで?」というような場所で転倒して右下腿(脛骨、腓骨)の粉砕骨折でした。

元はほねつぎですので、沢山の骨折を治療してきましたが、下腿骨両側の骨折は悲鳴をあげるくらいの痛みでした。(二度と同じような骨折はしたくない(;_;))

救急車で運ばれて2週間の入院生活を送りました。

緊急ですので、同じような整形外科の手術を受けた患者さんが多く入院しています。

整形外科でもいろいろな手術をします。

小生みたいに事故などの骨折や、仕事中に高所から転落して骨折したかた、ギックリ腰でヘルニアの手術など・・・

四肢の骨折などは、速い方で1週間、遅くて2週間くらいで退院です。

小生などは手術をして4,5日から外出許可を頂いて仕事の事務整理をはじめました。

転倒した際に右足首が完全にシビレて感覚がなくなり動かそうと思ったら足首がガクンと180度反対に向いたので一瞬目を疑いました。

これは脛骨と腓骨が完全に折れているとわかり、その瞬間1週間後のセミナーのことや患者さんの顔が浮かんできました。

家族は二の次でした。(死ぬことはないのでこの段階では、家族は出てこなかったのでしょう)

とにかく日々多くの方と関わって生活しているんだなと、つくづく思いました。

また同時に、いろいろな方に迷惑をかけてしまったと、後悔と自身の愚かさを感じました。

手術後の診断で自立二足歩行が2月上旬と聞いてまさかと思いましたが、冷静に臨床的に見たらやはり3,4ヶ月かかります。

起きたことに何が悪いとか、あの時こうすればよかった・・いろいろと原因や反省をしますが、いつまで反省していても前にはすすみません。

遅れた仕事をどうやって挽回するか、いつから治療再開するかをあれこれ考えるといいアイデアが浮かんできます。

治療を考えたりセミナーのことを考えるとなんとなくリハビリや機能回復に積極的になり回復も速い感じです。

続く

CCRKは心と身体の関係性に目を向けて、病気や痛みを診るのではなく、「人」をみます。
ストレスなどでお困りの方はご相談ください。


予約電話

CCRKメルマガ「健康かわら版」無料 登録フォーム

★ メルマガ会員に登録すると無料で健康情報をお届け致します。登録すると無料で健康になります(^o^)

お名前(姓) *
メールアドレス *

*は必須入力です

Tag: ストレス 骨折 入院 疾病利得

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする