坐骨神経痛 – ブログ健康かわら版 – 木更津市の整体/カイロ:肩こり・腰痛・椎間板ヘルニア・坐骨神経痛・脊柱管狭窄症・変形膝ヒザ痛・スポーツ障害・ストレス障害|カイロプラクティック・コンディショニング・ルーム・K 

http://kisarazu-chiro.com/swfu/d/auto-POEpHO.gif
台所に立つと坐骨神経が痛い

こんにちは。
立冬が過ぎてこれから寒さも厳しくなり、冬本番ですね。季節の変わり目は何かとストレスが多くなり、気温の変化などで体調を崩しやすいですから注意してください。

今回は台所に立つと坐骨神経が痛くなるお話です。坐骨神経痛にもストレスが影響してるんですね。

60歳代の主婦です。3ヶ月前から右臀部と大腿後面から下腿部後面に痛みとシビレ感を発症しました。他医で坐骨神経痛と診断されて湿布と電気治療をしていましたがなかなか改善しないので友人の紹介で来院しました。

思い当たる原因は、「3ヶ月前より引っ越しのために家財道具の整理をして重い物を運んだりして、腰が重くなってきたので原因はそれくらいです。」

歩行時や長い時間の立位で痛みが増発します。来院時は寝返りもできず、起床時の痛みと台所での作業ができ無いくらいの痛みでした。

検査の結果、梨状筋の緊張で痛みが出ていました。治療はAMで2回で約70%は改善し歩行時の痛みは軽減しました。

昼、夜の台所作業は楽になりましたが、朝の台所作業の痛みが残りました。朝の台所で繰り返す痛みが残っています。朝の台所に立つと痛みのスイッチが入るようです。

PCRTの治療を追加して、検査をすると住み慣れた家が壊されるので「勿体無い」「寂しい」の感情が出ます。次回の検査では「お嫁さんと一緒」「わくわく」が出ました。

新築して息子夫婦と同居して台所をお嫁さんと共有して一緒に使うことの感情が決定的な誤作動のスイッチになっていたようです。

もちろん、本人は全く気づいていません。「思っても見ないことで、潜在的には何を思っているかわからないんですね。気づいて良かった

誤作動のスイッチはネガティブな感情だけでなく「わくわく」のような嬉しい、喜び、期待感などでも緊張します。ストレスとは「心臓がドキドキすること」です。

CCRKは心と身体の関係性に目を向けて、病気や痛みを診るのではなく、「人」をみます。
ストレスなどでお困りの方はご相談ください。


予約電話

CCRKメルマガ「健康かわら版」無料 登録フォーム

★ メルマガ会員に登録すると無料で健康情報をお届け致します。登録すると無料で健康になります(^o^)

お名前(姓) *
メールアドレス *

*は必須入力です

Tag: PCRT 坐骨神経痛 同居 心身条件反射療法

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする