薬を呑みたくない – ブログ健康かわら版 – 木更津市の整体/カイロ:肩こり・腰痛・椎間板ヘルニア・坐骨神経痛・脊柱管狭窄症・変形膝ヒザ痛・スポーツ障害・ストレス障害|カイロプラクティック・コンディショニング・ルーム・K 

https//kisarazu-chiro.com/swfu/d/A307_080-2.png

極度の不眠が1ヶ月以上続いている方。

心配事が続いて不安や恐怖感があり眠れない。

専門医でうつと診断され、さらに心配が増してきました。

お薬を処方されたが薬品の副作用がある方で薬は服用できないそうです。

前回行ったときは薬を断ったそうですが、次に行った時に不眠が続いているようでしたら薬を服用することを強く勧められているようです。

症状が出てからしばらくは引きこもりでお医者さんにも行く気がせず、自宅でもなんにもヤル気がなく過ごしていました。

だいぶ辛い思いをしていたようです。


当院を選択して来院しました。

選択の理由が、薬を呑みたくなくて薬を使わない治療を選んだのか。

最初から薬をの服用すること以外の治療を選んだのか。

この選択の違いは早期改善に影響します。

薬を呑みたくなくて他の治療を求めると、薬を飲まなくていい治療の効果が出ないと「最後の手段で薬を飲めばいい」といった思考が働いています。

薬を呑みたくない、薬を頼りたくない・・・一見、自立型に感じるが潜在的には薬依存です。

最初から薬には頼らないと思って薬を飲まない治療を選ぶ方は薬への依存度が低く、自立心が強く効果が早くなります。

うつや、元気が無い方、不眠・・薬を辞めたい方が沢山います。

私たちは薬をやめなさないとはいえません。

あくまでも患者さんが選択することです。

潜在的な来院動機も知ることも大切です。

拳骨

よろしかったらポチッとしてください
ありがとうございます

Tag: ストレス うつ 不眠

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする