身体の中を読み取る – ブログ健康かわら版 – 木更津市の整体/カイロ:肩こり・腰痛・椎間板ヘルニア・坐骨神経痛・脊柱管狭窄症・変形膝ヒザ痛・スポーツ障害・ストレス障害|カイロプラクティック・コンディショニング・ルーム・K 

https//kisarazu-chiro.com/swfu/d/amsat1.png
アムサット

今日は、CCRKの菊地です。久しぶりの更新です。今日は体の中の働きを見ることが出来る凄い検査器具のお話です。実際にためして見ましたが凄いです。

また、身体の各器官の働きを悪くするのはやはりストレスが大きく関わっていることが、この検査器具ではっきりしました。

先日、株式会社ウイスマー/ウイスマー研究所さんから身体に微弱な電気を通して身体の異常を見つける検査機器「アムサット」をおかりました。

東洋医学の未病という言葉が有るように、病気になる前の各器官の機能異常を身体に微弱電気を流して、機能が亢進しているか低下しているかを検査をします。

また、脳が亢進しているか内臓が低下しているか、どの部位に機能異常があるか分かります。

各器官の機能異常をみつけて早期に機能を正常に整えるために検査をする機器です。

CCRKで行なっているPCRT(心身条件反射療法)で各器官の機能異常が正常になるか施術前と施術後の比較です。

左が施術まです。身体図の赤が亢進です。青が低下です。緑が正常です。

この方は上半身、特に肩から頭部の機能が更新しています。内臓から下半身は機能低下です。

症状的には慢性的な肩凝りや頸部の張り感などの症状です。

PCRT(心身条件反射療法)でストレスフリーにしました。

身体には一切施術はしていません

施術後は理想的な正常を示す緑になりました。

このデータは「アムサット」を貸していただいた専門の業者の方です。

この方もいろいろな施術方法で試していますが一度の施術でこれだけ変化したことはなかったそうです。

やはりメンタル部分は影響力が大きいようです。

ストレスでお困りの方は是非ご相談ください。

CCRKは心と身体の関係性に目を向けて「心身一如」で病を診るのではなく「人」を診ます。
ストレスなどでお困りの方はご相談ください。


予約電話

CCRKメルマガ「健康かわら版」無料 登録フォーム

★ メルマガ会員に登録すると無料で健康情報をお届け致します。登録すると無料で健康になります(^o^)

お名前(姓) *
メールアドレス *

*は必須入力です

Tag: 身体の中を見る アムサット ストレス 機能亢進 機能低下 PCRT

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする