病気になると得する2 – ブログ健康かわら版 – 木更津市の整体/カイロ:肩こり・腰痛・椎間板ヘルニア・坐骨神経痛・脊柱管狭窄症・変形膝ヒザ痛・スポーツ障害・ストレス障害|カイロプラクティック・コンディショニング・ルーム・K 

https//kisarazu-chiro.com/swfu/d/GUM06_CL03013.jpg
疾病利得

2週間の入院は、最初のうちは痛みが早く軽減するすることばかり考えていました。

ほねつぎの臨床も長くやっていましたので、骨折の回復期所も理解しているし、どうしたら痛みが早く軽減するかもわかっていました。

そのようなことが頭にあると、看護師さんやリハビリの先生の処置にいろいろとお願いをするようになりました。

また、そのお願いに応えて看護師さんやリハビリの先生は素直に丁寧に対応してくれました。

ベッドの寝ているだけで「言ったことに何でも言うことを聞いてくれる」と脳は快感を覚えます。

少し頑張れば自分でもできることが面倒になり、治療以外でも何でもお願いするようになります。

痛みが軽減して動けるようになっても、身体を使わず何でもやってくれるので入院生活もまんざらでもないな。

そんな事を繰り返すと潜在的に学習して無意識のうちに思考回路が「ケガ=入院=人がしてくれる=楽ができる」出来上がってきます。

病気やケガはいろいろなマイナスがありますが、そのマイナスを負のプラスに変えてしまうことがります。

仕事が辛い、上司が嫌だ、学校が嫌だ・・こんな時、病気やケガで仕事や学校を休むのはまわりが認めることであり、誰にも否定されるものではありません。

また、小さなお子さんが兄弟で下の子ばかり手をかけているとお兄ちゃんはお腹がいたくなったり、膝がいたくなったり・・親の気を引きたくなります。

入院されている方は長い方で7月から入院している方や3,4日で退院できる方など様々です。

仕事に復帰できる方などは退院をすすめられても「仕事へ復帰する自信がない」「労災だからゆっくり治す」・・会話が聞こえました。

そうですね。

何も無理して仕事に復帰しなくてもいいですね。

きつい仕事や上司の顔を見なくてもいいですね。

休んでいても労災だから給料はもらえますね。

交通事故で保険で面倒見てもらえますね。

脳は一度快感を味わうとまた欲しくなります。

ここに落とし穴があるようです。

CCRKは心と身体の関係性に目を向けて、病気や痛みを診るのではなく、「人」をみます。
ストレスなどでお困りの方はご相談ください。


予約電話

CCRKメルマガ「健康かわら版」無料 登録フォーム

★ メルマガ会員に登録すると無料で健康情報をお届け致します。登録すると無料で健康になります(^o^)

お名前(姓) *
メールアドレス *

*は必須入力です

Tag: ストレス 仕事したくない 入院 疾病利得

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする