千葉・木更津市・袖ヶ浦市・君津市・富津市・市原市で腰痛・肩こり・椎間板ヘルニア・坐骨神経痛・脊柱管狭窄症・脊椎すべり症・変形膝・スポーツ傷害・ストレスの治療でカイロ・整体をお探しの方は口コミ一番CCRKへ

アレルギー

 アレルギー


アレルギーとは



 アレルギーとは、ある特定のものに対して、体の防衛システム(免疫系といわれています)が過剰に働いているサインです。では、なぜある特定のものに対して、ある人は過剰に反応し、ある人は反応しないのでしょうか。それは、強いストレス・有害物質などをきっかけとして、個人の遺伝情報の中にある「ある特定のものに対する過剰反応アレルギー)のスイッチ」がオフからオンになるからです。

 スイッチがオンになると、脳によってその特定のものが身体にとってよくないものと認識され、その過剰反応を引き起こすのです。ですからCCRKの治療では、このスイッチをオフに戻すことと同時に、そのきっかけとなったストレスへの治療も必要となります。



食物アレルギー



 食物にアレルギーがある人は、アレルギーを引き起こす物(アレルゲンといいます)を食べたり、そのにおいを嗅ぐと、胃痛、吐き気・嘔吐、下痢・便秘、おなかの張りなどの消化器症状を始めとして、頭痛・耳鳴・めまい・体の痛み・しびれ・痒みなどが現れます。

 花粉やカビ・ほこりなど、吸い込むものにアレルギー反応を起こす人は、それらに対してくしゃみ・鼻水・せきなどの症状を起こして、アレルゲンが体の中に入らないように排出しようとします。このときの反応がアレルギー症状として現れます。



免疫の働き



 このような不快な症状は、体を外敵から守る免疫系(自律神経の影響を受けます)というシステムが過剰に働いた結果なのです。
 ですから、この不快な症状を抑えるための薬を飲んで一時的に楽になっても、その原因が解決されない限り、後の再発でさらに苦しい思いをするのは目に見えています。

 医師は薬を処方するときに、痛み止め薬が自律神経系におよぼす副作用、ステロイド薬が全身へ及ぼす副作用などもしっかり伝えて欲しいものです。
 またこれからは、本当に飲む必要がある薬なのかどうか、自己防衛も必要なのです。



予約電話



免疫と自律神経の関係



 免疫系は、自律神経の影響を受け、特にアレルギー症状は、副交感神経が優位に偏った結果、免疫をつかさどるリンパ球が過剰リンパ球パターンになりアレルギー体質が形成されます。

 しかし、副交感神経が優位になってアレルギー体質になっても、すぐに喘息や、アトピー性皮膚炎になったりしません。
 過剰な抗原や精神的ストレスや身体的ストレス、化学的ストレスから逃れようとしてアレルギー反応が起こります。

 アレルギー反応を抑制する薬(ステロイド剤、抗アレルギー薬など)を飲むと効果がある」ということは、裏を返せば「何かに対してのアレルギーがある」という証拠なのです。
 何に対してアレルギーを起こしているのかをまず見つけ出し、アレルギーを今後起こさないように治療することのほうが、薬を飲みつづけるよりもはるかに体への負担が少なくてすみます。



アレルギーマーチ



 また、同じ食物や物質にアレルギーを起こしていても、人によって症状が出てくる場所が違います。ある人は皮膚に、ある人は関節に、ある人は内臓に、、、といった具合にです。

 よく子供のころは、アトピー・喘息持ちだったけど、大人になって治ったということを耳にします。しかしこういう方は、本当にアレルギーが治ったわけではありません。

 これはアレルギー・マーチといって、症状の出る場所が変わっただけなのです。小児喘息・アトピー・慢性中耳炎が、年齢とともに、腰痛・肩こり・だるさ・頭痛・顔のしみなどに変化していきます。



予約電話



アレルギーはどうしていけないのか。3つの理由


1,免疫系の慢性的な疲弊をまねきます



 アレルギーの存在は、体の免疫系を常に稼働させてしまいます。この状態が長く続くことによって免疫系は疲労し、本来の機能が、本当に必要な時(ウィルスや細菌などの外敵が来た時)に果たせなくなってしまうのです。

 例えば、毎日口にする米にアレルギーがあれば、ご飯を食べるたびに免疫系が消化・吸収された米の成分に対して、これを排除しようとがんばっているのです。

 食物アレルギーは大抵大好きなものや大嫌いなものに見られます。ご飯が好きでよく食べている人などは、実は体の中で、免疫系がいつもフル稼動させられているのです。

 そうなると本当の外敵であるカゼウィルスや細菌などへのガードが手薄になっていますから、簡単に体内への侵入を許してしまうのです 。



予約電話



2,アレルギー食物は消化・吸収できず、栄養不足になります



 例えば、鉄欠乏性貧血の方には鉄分のアレルギーが多く認められます。こういう方は、鉄剤を何年飲んでも貧血は治りません。
 アレルギーがある場合、体に入った鉄分は脳によって不要なものと認識されますから、体は排除しようと努力するのです。体は困ったことに、頭で考えていることと逆のことをしているのです。

 また甘いものがやめられないという人は、砂糖アレルギーが疑われます。この場合、砂糖をいくらとっても体は尿中に砂糖を排除するよう働きますから、結局足りていないのです。

 糖は脳の唯一の栄養源ですから、不足しては大変です。生命維持に関わります。ですから体は砂糖が大好きになって、たくさん摂ることによって不足をなんとか補おうとしているわけです。

 神経機能に欠かせないビタミンBのアレルギーが改善したとたんに、あきらめかけていた痛みや痺れがうそのように改善するといったような例はいくらでもあるのです。
 有機栽培されたいい野菜や穀物も、また高価なサプリメントも、そのもの自体にアレルギーがあれば、体に吸収されないばかりか、結果的には逆効果なのです。

 また鉛や銅、歯科治療にも使われている水銀化合物などの重金属にもアレルギーを起こす可能性があります。
 重金属に対するアレルギーがあると、食物のケースとは逆に、腎臓や肝臓から毒物を排出できなくなります。よって重金属の体内への蓄積を起こします。



予約電話



3,アレルギーで神経系が乱されることです



 カイロプラクティック治療の目的は、ご存知のとおり神経機能の回復です。骨格のずれやゆがみを治しているのではありません。いわゆるずれやゆがみは、神経系の機能が低下したために生じているです。

 どうしてそうなるかを考えずに、ずれやゆがみだけを治療していても、痛み止めの薬と一緒、また繰り返すだけです。
 カイロプラクティック治療でも、なかなかすっきりと症状が改善しないケースがあります。

 このようなケースは、アレルギーまたは大きなストレスによって、自然治癒力がブロックされています。ですから適切な刺激を神経系に与えても、神経系が正常に機能できないのです。

 心拍間隔変動係数(SDNN)を用いて、自律神経系の機能を計測しますと、慢性的にアレルギーを持っている方はあまりよい値が出ません。また治療後よくなってもすぐに戻ってしまいます。
 しかし、その背後にあるアレルギーや大きな感情のしこりを治療によって取り除いていけば、値は改善していきます。



予約電話



アレルギー症状の5つの特徴


1,免疫力の低下です



 アルゲンへの慢性的な関与による、免疫機能の疲労・機能低下による身体防御システムの崩壊および混乱です。
 これには、風邪を引き易いなどの易感染状態、慢性関節リウマチに代表されるような自己免疫疾患、線維性筋痛症やむずむず脚症候群といった原因不明の難病、悪性および良性腫瘍などもこれに相当します。



2,神経系および経絡の変調です



 身体のコントロール・センター(西洋医学的にいうと神経系、東洋医学的にいうと経絡)の変調です。
 これには、しびれ・原因不明の痛み・不整脈・動悸・高血圧・動脈硬化・狭心症様発作(スパズム)・ほてり・赤ら顔・冷え・便秘・下痢・自律神経失調・食後突然おそう睡魔などが相当します。



3,浮腫(むくみ)です



 アレルゲンの摂取または接触などにより、さまざまな場所にむくみを起こします。
 皮下組織にむくみが起こればじんましん、気管支がむくむと喘息、脳がむくめば脳圧が高まり、血管や神経が引っ張られますから頭痛・しびれ・感覚異常・運動障害・平衡感覚障害なども現れます。

 末梢神経周囲にむくみが起これば、肋間神経痛や顔面神経麻痺などの症状も起こります。
 また血管がむくめば血行障害が起こり、内臓がむくめば消化不良や胃もたれ・胆嚢炎・膵炎・盲腸炎・慢性腎炎・心不全、また唾液腺や耳管のような細い管も圧迫に弱いですから、耳下腺炎・中耳炎などを繰り返すことになります。

 背骨から神経がでている椎間孔というところにむくみが起これば、坐骨神経痛様症状・腰痛・手足のしびれなどもアレルギーから起こるのです。朝、顔だけがむくむというのも、アレルギーの典型症状です。

4,筋肉の収縮です



 アレルギーの方は体が酸性に傾いていることが多いですので、酢〆めの魚のように身が〆った感じが人間の体内でも起こっていると考えていただいたらいいと思います。

 これもまた筋肉の収縮が起こる場所によって、異なった症状として現れます。頭痛・慢性腰痛・ギックリ腰・頑固な肩こり・喘息・こむらがえり・まぶたの痙攣などがこれに相当します。



5,アレルゲンを排出するための反応です



 アレルゲンが食物であれば下痢や嘔気・嘔吐、また吸い込んだものであれば咳やくしゃみ・鼻水などが一般的です。そして皮膚は身体の排出器官ですから、目に見えるかたちで多くの情報を示してくれます。

 湿疹・水疱・発赤・発疹・しみ・斑点・目の下半分以上のくま・いぼ・赤みがかった顔色・乾燥(ドライスキン・ドライマウス・ドライアイなど)・湿り気・あぶら性・にきび・毛穴が目立つ・髭剃りまけ・耳の下が切れる・ふけ・毛髪が立って生えている・さかさまつげ・若はげ・爪の変形・有色爪など、これらは食物アレルギーの典型症状です。



予約電話



アレルギーの治療法



 CCRKのアレルギーの考えは、心理的なストレスなどの内的要因と、食物、花粉、排気ガスなどの外から侵入する外的要因(反応物質)の複合的な関係が、いくつかの条件によって中枢神経系に記憶され、その条件がさらに、神経エネルギー(経絡とも考えられます)のがどこで遮断されて、そのエネルギーブロックのはけ口が皮膚や内蔵、あるいは筋肉などの身体各所の症状としてあらわれると考えます。

 特に、心理的なストレスが影響して自律神経系を乱しているときは、免疫力しています。そのときに外的要因である食物や化学物質が体内に侵入すると症状として、蕁麻疹やアトピー、喘息が起きます。

 治療は、いたってシンプルです。心理的な影響のストレスである感覚的な陰(マイナス)要因を見つけ出し、陽(プラス)に切り替えて陰陽のバランスを整えます。陰陽のバランスが整うと自律神経の乱れも改善し症状の改善が見られます。また、急性期の食物アレルギーによる蕁麻疹や呼吸器の症状にはアレルゲンの除去を行います。

NAETアレルギー除去詳細はこちらへ


NAETアレルギー除去治療の詳細は「病気よ、さようなら」Dr. Devi S. Nambuudripad 著 増田裕DC訳 科学新聞社。引用、参考文献「こう治す 複合汚染アレルギー」河野泉著


 アレルギーは、治らないとあきらめているあなた。大好きな食べ物を食べたい、花粉の時期のくしゃみ、鼻水・・あの辛さ、皮膚のかゆみも我慢できない・・季節の変わり目の体調不良いずれも、その場しのぎの対処療法#は、なかなか思うようにならないようです。根本的な体質改善で、喜んでいただいています

 構造的や機械的な、あるいは対処的な現代医学的観点からのお答えは他のホームページに掲載されています。そちらを参考になさってください。
 このホームページでは、自然療法(生命有機的)の専門家が有機的な観点からお答えします。あなたの症状の原因解明や問題解決のご参考になさってください。


予約電話

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional