千葉・木更津市・袖ヶ浦市・君津市・富津市・市原市で腰痛・肩こり・椎間板ヘルニア・坐骨神経痛・脊柱管狭窄症・脊椎すべり症・変形膝・スポーツ傷害・ストレスの治療でカイロ・整体をお探しの方は口コミ一番CCRKへ

野球肘

野球肘

http://kisarazu-chiro.com/swfu/d/GUM09_CL02115.png
野球肘

 こんにちはCCRKの菊地光雄です。CCRKは残念ながらすべての方が1回の治療で100%改善し満足していただくことはできません。しかし、患者さんの自然治癒力の可能性を引き出す努力は100%惜しみません。
肩こり、腰痛、変形性関節症、ヘルニア、ストレス、スポーツ障害の方、その他分らないことは遠慮なくご相談ください。

少年野球で肘の障害が多いです。

いわゆる「野球肘」です。

痛みは肘の外側と内側の二通りのパターンがあります。

外の痛みは橈骨という骨が上腕骨とぶつかって痛みが出るといわれています。

内側の痛みは手首を内側に曲げるときに使う筋肉のもとが上腕骨の内側についていて付着部が過剰に引っ張られて痛みが出ます。

ともに、我慢をして投げていると軟骨が骨折したりします。

早めに対策をとらないと肘関節の曲げ伸ばしができなくなります。

整形外科的な治療は、まず痛い部位の安静と湿布ですね。

休んでいれば痛みはなくなります。

痛みが、また投げると痛みが出ます。

その繰り返しです。

投げる時のフォームも少なからず影響しています。


フォームに関しては指導者の考えもあります。

CCRkではフォームを医学的な視点から障害を起こしにくいフォームを指導しています。

障害を起こしにくいフォームとは?

少し専門的な話になりますが、各関節は動く方向が決まっています。

身体を機械的に見ていくと次のようなことが言えます。

例えば、肘関節は曲げ伸ばし(屈曲と伸展)の二つしか動きません。

要するに肘頭(肘の先端)が向いている方向に曲げ伸ばしができます。

ということはキャッチャー方向に肘頭を向けるようなフォームを心がけると障害は少なくなります。

キャッチャーの方向へ肘頭を向けられるようなフォームはどうしたらできるのでしょうか?

投球は上半身だけで投げるのではありません。

下半身が大切です。

下半身の動きの善し悪しが上半身に影響して肘が外に向いてしまいます。

CCRKではそこまでチェックして改善するステップアップ治療を行っています。

ステップ1:肘の痛みを改善

ステップ2:身体能力(関節の動き、身体の柔軟性、運動神経の働き)とフォームをチェックします

ステップ3:身体能力の改善とフォームの指導

ステップ4:障害予防のメンタル強化

なかなか改善できない野球肘でお悩みの方はご利用ください。

Tag: 野球肘 スポーツ障害 ステップアップ治療 少年野球

コメント


認証コード8587

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional