梨状筋症候群

梨状筋症候群 大腿部の症状

よくあるケースですが、腰痛と合わせて臀部から大腿後面~下腿後面にかけて痛みやシビレ感がある方がいます

整形外科では「座骨神経痛」と診断されることが多いです。

椎間板ヘルニア、梨状筋症候群などによる神経圧迫が原因と言われています。

さて、坐骨神経痛の原因の一つに神経圧迫説が診断されますが、本当に神経圧迫で痛みが出るのでしょうか?

神経圧迫は日常的に身体の至る部位で圧迫されています

坐骨神経などは椅子に座ることで圧迫されています

普通に座っていてお尻が痛みますか?

足の裏にも沢山の神経があり立ち上がるだけで圧迫されます

歩いて足の裏が痛みますか?

と言うことで神経圧迫説は痛みとは関係性がないようです

も一つ「梨状筋症候群」というのがあります

梨状筋はお尻の深い所にある筋肉で、その下を坐骨神経が通っています

その梨状筋が硬くなってしまったり緊張してしまうことで坐骨神経を圧迫し、症状を引き起こす病態を「梨状筋症候群」と呼び、坐

骨神経痛を引き起こす原因のひとつとして知られています

これも同様でいつの間にか圧迫説が原因のように言われています

先日来院された患者さんは整形外科で坐骨神経痛と言われ痛み止めの注射をしましたが、思わしきなく当院へ来院されました

確かに梨状筋に過剰な緊張と硬結があり、圧痛も顕著にありました

施術はアクティベータ・メソッドで行いよくなりました

病名を付けると梨状筋症候群ということできますが、臀部のこりです

肩こりと同様に臀部もこります

お尻にコリがある方は是非ご来院ください

 

Follow me!

コメント